2020年9月 2日 (水)

災害ボランティアセンター設置運営訓練~大規模な災害に備えて~

社協職員全体で、災害ボランティアセンター設置運営訓練を実施しました。

Img_6680

美川の河川が氾濫して床上床下浸水状態になり、災害ボランティアセンターを美川農村環境改善センター3階多目的ホールに設置した想定で訓練を行いました。

各職員が受付班、マッチング班、ニーズ班、送り出し班、資材班、総務班と分かれリーダーが自分の班をまとめながら、ボランティアの受け入れから送り出して帰ってくるまでの流れを確認しながら訓練を開始しました。

Img_6717

まずは、総務から被災者より電話を受け取り、聞き取った内容をニーズ班に伝えます。

Img_6721

ニーズ班は受け取ったニーズに対する内容を精査し、受けるかどうか確認しマッチング班へつなぎます。

Img_6736 Img_6750

ボランティアセンターを設置してボランティアが来始めました。

受付班は用紙に必要事項を記入してもらい、名札代わりのガムテープへ名前や資格などの情報を身に着けます。

Img_6765

マッチング班からは、ボランティアに参加することの注意点などのオリエンテーションを行います。

Img_6783 Img_6787

オリエンテーション後は資材班よりスコップなどの資材を受け取り、送り出し車両(訓練では紐も使用)に乗り込んで出発します。

Img_6769

ボランティア役の職員から、疑問点や改善点を発表してもらいます。

Img_6800

ボランティアセンターの一日が終了し、各班のリーダーはその日のできごとを各班と共有し、よりスムーズなセンター運営ができるようにします。班の職員が日によって変わる場合はこのような申し送り作業はかなり重要になってきそうです。

 

そのほかにも、書類への記入の仕方やボランティアさんへの対応の方法、職員の連携とその改善点など、実際に動くことによって見えてくる課題を各班で考えることができ、マニュアルの見直しや、職員のセンター設置をする際の注意点を確認することができました。

久万高原町で大規模災害が起きないに越したことはありませんが、設置必要になった際に、自分がすべきことの確認ができ、有意義な訓練となりました。

 

2020年9月 1日 (火)

古味サロンさんへおじゃましました♪

7月に再開され、久しぶりに集まった美川地区古味サロンさんへおじゃましました。

熱中症予防のクイズなどを行った後、NHKのふるさと応援ソングの”ふるさとの色♪” をみなさんと一緒に歌ってみました。

「聴いたことがあるよ!歌詞を知りたかった!」という方もおられ、職員のギターとオカリナにあわせて口ずさんでみました。

Img_4035

Img_4036

8月のサロンでは、みなさんからリクエストがあった、炭坑節♪も歌って、踊ってみました。

Image4_20200901164201

ギター、キーボードにリコーダーも加わり盛り上げます!!

Image2_20200901164201

Image3_20200901164201

職員のお手本に合わせ、みなさん楽しそう。

Img_4039

最後は、集合写真をパチリ!!

懐かしい話にも盛り上がり、みんなで過ごすひと時。いい時間ですね~

また、いろんなサロンに楽器をもって突撃させていただきます!!(乞うご期待”!?)

 

2020年8月27日 (木)

社会福祉法人で連携して町の福祉を盛り上げます!

町内の社会福祉法人が集まり、NIKONIKO館にて「サンサン会(久万高原町社会福祉法人連携会議)」を開催しました。

育和会、久万の里、社協の3法人が自分たちの活動について紹介し、各法人の取り組みについて質問しながらお互いに理解を深めていきました。

同じ町内でもそれぞれ違った事業をしていますが、今回の会議で抱える課題は共通することが多くあることが分かり、久万高原町の福祉向上に向けて取り組むには、法人間での繋がりが必要だと感じました。サンサン会でどのような取り組みが生まれるか楽しみです。

Photo_20200902114501

2020年8月17日 (月)

地域づくり座談会を久万地区・柳谷地区でも開催!

前回このブログでも紹介した、美川地区で開催した座談会を久万地区・柳谷地区でも実施しました。

それぞれの地区にお住いの自治会長や民生委員、サロン代表者の方など地域をよく知るリーダーさんにお話を伺います。

 

久万、明神、直瀬、畑野川、露峰地区の方に各地域の集会所や社協久万支所に集まってもらって、みなさんが住まれている地区のいいところ・課題を出し合い、どんな地区にしたいかをグループワーク形式で話し合ってもらいました。

Img_2248 Img_2252_20200828102301 Img_2257_20200828102301 Img_2258

Img_2265

柳谷地区は、2回に分けて実施しました。

第1回目では、地域に住んでいて感じる問題点や良かったことを挙げてもらい、第2回目では出てきた意見を踏まえて、どのような地区にしたいか、目標を一緒になって考えました。

030 021 042

 

今回の座談会でも各地区共に、たくさんの魅力や課題が出てきました。

座談会で話し合われた意見を地域づくりの参考にさせていただき、社協では、住民さんによる支え合いのまちづくりを目標に、自分らしく地域で安心して暮らしていけるためのお手伝いをしたいと考えています。

2020年8月 5日 (水)

防災キャンプで車椅子・高齢者疑似体験を実施しました。

久万小学校で開催された防災キャンプで、車椅子体験・高齢者疑似体験を実施しました。

車椅子体験では、車椅子の仕組みや走り方、介助される側の気持ちを実際に乗って体験してもらい、声かけや動かし方を職員に教わりながら、コースを走行したり、校舎の段差を降りたりしました。

Img_6410Img_6556

まず、社協職員が使い方を教え、その後児童のみなさんが交代しながら車椅子を体験しました。

Img_6438Img_6624

「後ろに降りる時は少し怖かった」「段差が少し動かしにくい」など、体験してたくさんの感想が出てきて、介助する側、される側の両方の気持ちが体験できたようです。

 

高齢者疑似体験では、高齢者がなりやすい体の症状を体験するために、体の様々な部分に専用の器具を取り付け、目の見えにくさや体の動かしにくさなどを感じてもらいました。

Img_6565Img_6578

足にも重りをつけたり、首と膝をベルトで固定して腰が曲がった状態で歩いたりして、普段簡単にしている行動が、高齢者には難しくて大変なことだと学んでもらいました。


Img_6457 Img_6461

校舎内の移動、段差や狭い通路を介助する時は、そばに立って声掛けや誘導を行っていました。

車椅子・高齢者疑似体験を通して児童のみなさんが、高齢者(おじいちゃん、おばあちゃん)が日常生活を送るうえで不便に感じていることや、自分たちにできることを考える機会になったのではないかと思います。

 

2020年8月 3日 (月)

地域福祉権利擁護センター協議会を開催しました。

令和2年4月1日より本会に開設した地域福祉権利擁護センターの第1回協議会を開催しました。

開催にあたり、弁護士・司法書士の先生方や社会福祉士、行政機関関係者などの方々に協議会委員の委嘱をさせていただきました。協議会では久万高原町に暮らしている住民だれもが、安心して暮らしていけるまちづくりを目指して成年後見制度他、権利擁護に関する様々な取り組みを委員のみなさんと一緒に推進していきます。

今回は第1回の協議会ということで、センター事業に関する主旨・目的・事業計画の説明や、現在社協で抱えている事例の紹介をしながら、委員のみなさんと顔を合わし、今後のセンター運営に対する方針等を話し合っていただきました。

Img_6386 Img_59931

今後は”久万高原町だからできる”独自の権利擁護センター運営を目指していきたいと思います。

2020年7月31日 (金)

シトラスリボンプロジェクトを楽しんでいます

シトラスリボンプロジェクトのポスターを町内の各学校に配布させていただきました。

これは美川小学校さんにお届けした様子です。小学校でも何か楽しい取り組みができると嬉しいですね。

Photo_20200731173401

下は、いろんな色のシトラスリボン

Img_3752-1

実は社協の男性職員がせっせと作っております。

動画で紹介されている作り方はなかなか難しいのですが...この職員、いとも簡単に作っています!!

Img_3735

みんなで出来上がったリボンの使い方を考えてみました。髪飾りはどうだろう?

さりげなくつけた緑のリボンわかりますか?いい感じでしょう!

Image5

ピンクのリボンもかわいいですね。

Image4_20200731173501

いろんなリボンの使い方を工夫して、プロジェクトを楽しく広めていければと思います。

 

 

 

 

ふるさとの色 ~社協音楽隊の演奏会開催!~

”大地がそっと呼吸して~ 野原を染め付けてゆく~♪

デイサービスの利用者さんへ向けて社協職員による演奏会を行いました。

Img_6337

この日のために、5月頃から昼休みなどを利用して練習しギターやオカリナの音色と共にアンジェラ・アキさんの

「ふるさとの色」の演奏と合唱を披露しました。

Img_6366

まるで雰囲気はフォークソングデュオ「ゆ〇”」のようなギター担当職員。

Img_6364

美しい音色のオカリナを奏でるオカリナ担当職員。

Img_6365

伴奏と合唱もによって演奏に迫力が加わります。

Img_6355

「聴いたことあるよ」という利用者さんもおられ、一緒に歌いながら演奏会に参加してもらい、

 

楽しい時間を過ごすことができました。

「ふるさとの色♪」久万高原町の風景や人と重なるこの歌詞のように、美しい景色・優しい思いを

みなさんに届けられる社協でありたいと思います。

 

 

 

ちなみに・・・。

 

2日間に渡り行われたこの演奏会ですが、1日目の様子併せてご覧ください。

Img_6311 Img_6310 Img_6302 Img_6299

どうしても仮装してしまう社協職員の悪い(?)クセが出てしまいましたw

サービス精神旺盛な職員によるこちらの演奏会も利用者から好評だったので、次の演奏会では

「楽しんでいる職員の姿」も演奏と合わせて見ていただけたらいいですね。

2020年7月27日 (月)

つづらかわサロン再開

すっかりご報告がおそくなりましたが、6月末ににつづらがわサロンさんが再開し、総会が行われました。

昨年の12月からサロン活動はお休みをしてたとのことで、みなさん久しぶりに 会話を楽しまれていました。

Dsc_1435

つづらがわサロンでは、会員の方みんなが先生となって生活の豆知識を教え合うのが特徴だと思います。

ちなみに、この日は、梅ジャムの作り方やらっきょの漬け方でした♪

下の写真は、平野公民館主事さんが作った幸報です。楽しいこれまでのサロンの様子がよくわかります。

Dsc_1436_20200727092601

 「家におってお父さんの顔ばっかりみよってもね!」と夫婦仲良しの方が話すのをきっかけに、お話しするだけでもみんなで集まりたいという意見で総会はまとまりました。今後の集まりが楽しみですね (^^♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2020年7月22日 (水)

美川小学校の児童のみなさんが”まちたんけん”にやってきました!

美川小学校の1、2年生5名が、久万高原町社協の職場見学「まちたんけん」にやってきました。

デイサービス、居宅、総務・地域福祉課の様子を見学し、社協でどんな仕事を担当しているのか職員からの

説明を熱心に聞いていました。

007

デイサービスの職員からの説明を真剣に聞いています。

012

会長室でくつろぐ小さなお客さま。

018

「美川小学校ご一行様」の旗を持ったガイド(T職員)が案内しています。

027

最後に来てくれたお礼のプレゼントを送らせていただきました。

「まちたんけん」を通して、福祉の仕事や地域の魅力に気付いてくれたらいいですね♪

«美川地区で地域づくり座談会、開催!

最近のトラックバック

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ